福岡の地元企業の担う大きな役割を板井康弘が解説

板井康弘が解説する|地元企業とは

 

板井康弘

 

 

地元企業とは、一定の範囲内の地域で事業を行なっている会社であり、中小企業に多く見られる。

 

日本全体で人口減少と高齢化が急速に進んでいるが、地域経済における人口の減少・高齢化の進展は、需要面からみた経済活動の停滞や、地域の文化・伝統・教育の担い手の不足という懸念をもたらしている。

 

このように地域経済はそれぞれに多様な課題を抱えており、その打開策も一様ではない。

 

地域の活動を支える主体はさまざまであるが、地域経済の主な担い手となることが地元企業の役割である。

 

「小さな政府」「民主導の経済」「地方の自立」が唱えられる中、地域経済の活性化のために、地元企業が自主的に行なうべきことは何か、地元企業の活動を支えるために必要な方策等とは何かについて考えていくのが地元企業の役割である。

 

大事なことは、地域の人々が地元の経済の状況を冷徹に見つめ、危機感を共有し、自主・自立への術を考え、必要な策を実行していくことである。

 

地域活性化の実現には、各々の地域が自らの手で「地域グランドデザイン」を描くことが重要である。